工務店・建築会社紹介サービス 注文住宅相談所
CODATTE(コダッテ)注文住宅
特集

■気密について

1.高気密住宅の定義


高気密住宅という名前に明確な定義はありません。一般的には床面積1㎡あたり5㎠程度(C値5.0)の隙間であれば高気密住宅と呼ばれていますが、コダッテでは1㎡あたり1㎠(C値1.0)以下の性能を標準としています。

*C値1.0:約30坪の建物で、ハガキ1枚分ほどの隙間面積

気密

2.高気密がもたらすメリット


気密性を高めることで省エネに繋がりますが、ハウスメーカーや工務店では高気密と呼ばれるギリギリのライン(地域区分最低ライン:C値2.0~5.0)で提案してくることが多いです。ですが、トイレの換気扇であっても断熱性を損ねる原因となりますので、さらに高い気密性を考えることがこれからの住宅には重要です。
私たちは「C値1.0以下」を標準としていますが、その効果は冷暖房などのエネルギーロスを減らせ、必然的に光熱費を下げる事ができます。また、24時間換気においては、細かなホコリや揮発性物質などを確実に吸い取り換気してくれますので、健康にも効果が期待できます。

住宅の気密性の高さは暮らしやすい住宅をつくるうえで絶対に欠かせないものです。断熱・気密・換気はそれぞれ関連性が高く、気密を高めると換気もうまくいき、断熱性能も高まります。

(参考)
断熱・気密 仕様のすすめ (24時間換気)
断熱・気密 仕様のすすめ (断熱材)
断熱・気密 仕様のすすめ (床下エアコン)

3.高気密にするために


高気密な環境をつくるためには、一般的に床・壁・屋根すべての部位で気密化を図る計画になりますが、その中で見落としがちなものが「気流止め」という施工です。多くの住宅は、1階の床下から屋根裏まで空気が自由に通り抜ける隙間があり、これが断熱性能を悪くしている原因の一つになります。その隙間を、断熱材や気密テープで塞ぐという簡単な方法で対策が可能ですが、ハウスメーカーや工務店に関係なく、施主側が言わなければ施工してくれない場合が多くなっています。細部へのこだわりにより性能は間違いなく上がります。

コダッテなら、住宅会社全般よりも高い気密性・断熱性を実現することができます。住宅のことで迷われているならば、ぜひ一度コダッテにご相談ください。

まずは個別相談にお申し込みください 個別相談

コダッテ相談窓口(JR大阪駅より徒歩7分)でご相談に乗ります。 お越しいただくことが難しい方は、コダッテアドバイザーがお客様のご自宅近くまで出張いたします。 もちろん相談後にお断りいただくことも可能です。
どんなことでもお気軽にご相談ください。

お忙しい方にはメール相談も可能 メール相談

お時間をとるのが難しい方には、メールでもご相談に乗ります。 ご希望条件をお伺いし、メールや郵送で、お客様にぴったりの建築会社・工務店をご紹介いたします。 お気軽にご連絡ください。

個別相談ボタン
資料請求する
お電話でもお気軽に相談できます 0120-037-557
たいせつにします プライバシー

Copyright 2015 codatte All rights reserved.