工務店・建築会社紹介サービス 注文住宅相談所
CODATTE(コダッテ)注文住宅
特集

■住宅展示場を活用しよう!!

家


「家を建てようと思っているけど、どんなハウスメーカーが自分たちに合っているか、何を基準に選べばいいか分からない!」



……こんなご意見をよくいただきます。
「3回家を建てないと満足のいく家は建てられない」と聞かれたことはありませんか?
それぐらい、マイホームに抱く想いをまとめるのは難しいんです。
まずは、実現したいマイホームのイメージを具体的に固めることが大事。
そのためには、住宅展示場をいっぱいいっぱい周って、いろいろなモデルハウスを見ることが必要です。


【ありがちな失敗】


住宅展示場を周ろう! と言葉でいうのはかんたんですが、展示場を周るのは一日がかりの大仕事。
住宅展示場では多くのメーカーが出展していますし、おしゃれなインテリアや、高級な家具、オプション仕様で最高に飾られているモデルハウスがずらっと並んでいますから、どこをどう見ていいのかわからなくなってしまいます。
あちこち見ているうちに疲れてくるし、子どもも飽きてぐずりだす。
そんなところに

「○○様だけにできるサービスです!」
「今月が決算月・キャンペーン月なんで○○万円値引きできます!」

と言葉巧みな営業マンが声をかけてきますので、そのまま夢を見るように引き寄せられてしまい…。
びっくりする様子
そう、この夢が覚めるのは見積もりの金額を見たとき!!!

「住宅展示場に向けて出発するときに思い描いていた理想の家と違う……」

その時にはすっかり話が進んでいて、後戻りができない……。
夢の世界で創りあげた理想のマイホームから、あれもこれも減らしていって妥協のマイホームができあがり……(涙)


これは決してオーバーな例ではありません。
住宅展示場は独特な雰囲気に包まれています。右も左も家を買おうとしている人ばかり。
メーカー側は、なんとかこの場で決めさせようと急いで決断を迫ってくる。
こんな状況で落ち着いて判断できる人はなかなかいません。

ですがご安心を。
家を建てる前にここを見ていただいているお客様はラッキーです。
住宅展示場に行く際に気を付けないといけないポイントをお伝えします。
心の準備万全で望めば、あま~い誘惑によって無駄な時間を費やすことはなくなります!


住宅展示場に行こう! でもその前に……



「住宅展示場に行って一日周ったのに結局よくわからなかった……」

こんな失敗をする最大の理由は、事前の準備が足りなかったせいです。
展示場に行く前の準備で、有益な時間になるかどうかの6割が決まります。
そして帰ってからの再調査・再検討する時間が3割。実際に住宅展示場で過ごす時間の重要性は全体の1割程度だと思ってください。

持っていくとよいもの

メジャー、カメラ

事前に調べておくこと

今住んでいるお宅の間取り図があれば、持っていきましょう。
ない場合は大まかでいいので、紙に書いてみてください。方眼紙があるといいです。
そこに、お持ちの家具の幅と奥行きの長さを記入していきます。大きなものだけで十分です。特に婚礼家具や、テレビ、洗濯機などの大型家電品は忘れずに!
そうそう、廊下が今のお家にあるところは、その幅も測っておいてください。
これらがどう役に立つのかは、後ほど説明します。

事前に考えておくこと

気になるメーカーをあらかじめピックアップしておくことがベストです。
大きな展示場に行っても、じっくりと話を聞ける会社は、1日にせいぜい2社までと考えておいてください。多くの会社の話を聞けばいいというものではありません。
「あの話ってどの会社の人がしてたんだっけ……?」なんてことにならないよう、見に行く会社は厳選しましょう。

いざ、住宅展示場に出発!


最初は広さを見るだけ
展示場に行った段階では、間取りを決めるのはほぼ不可能です。
特にお家を建てられる土地がまだお決まりではない方は、土地の形状や、方位、法律などにより、建てられる間取りに様々な制限が出てきます。
この段階では、具体的な配置よりも、必要な広さの目安をつかむことが大事です。そのために、さっき説明したメジャーや間取り図が役に立つのです。
例えば「子ども部屋は6畳必要だ」「子ども2人で10畳あればいけそうだな」などのイメージをつかめると、実際の敷地が決まったときにスムーズに間取り決めがはじめられます。
このとき、今の家の寸法がわかっているとイメージがしやすくなります。「廊下幅87cm」と言われてピンとこなくても、「今より9cm広い」だとかんたんにイメージできます。

細かいところはとりあえず無視!
ついついキッチンや浴室などの設備関係や、細かいデザインに目が行ってしまいがちですが、そこにこだわってもあまり意味がありません。
キッチンなどはあくまでオプションなので、「このハウスメーカーにしかできない!」ということはほとんどありません。設備を検討するのはもっと後でも大丈夫。
まずは工法や内装のこだわりなど、その会社特有の情報を見るようにしましょう。

わからないことはすべてメモ!
住宅展示場では、とくにかくなんでも書き留めておいてください。
先ほども書いたように、住宅展示場では冷静な判断ができません。後でじっくり検討することが必要です。
実際に説明されているときは「なるほど~」と思って聞いていても、後で読み返すと疑問に思うことがたくさん出てくるはずです。


住宅展示場に行った後はコダッテに相談


展示場に行った後は、さまざまな疑問が浮かんでくると思います。
「で、結局のところどこがいちばんいいの?」
「展示場では○○が良さそうに思えたけど、ほんとにここで大丈夫?」


注文住宅相談所コダッテでは、客観的かつ中立の立場から、それぞれの会社さんの強み・弱みをお伝えすることができます。
「その会社でしたらお客様のご希望を十分に実現可能です!」
「その条件でしたら、○○社さんのほうが同じ品質でお安く建てられますよ」

そんなアドバイスもいたします。
もちろん相談は無料。少しでも気になることがあれば、住宅展示場に行った後になんでもご相談ください。

それでは思う存分楽しんできてくださいね。いってらっしゃ~い!
まずは個別相談にお申し込みください 個別相談

コダッテ相談窓口(JR大阪駅より徒歩7分)でご相談に乗ります。 お越しいただくことが難しい方は、コダッテアドバイザーがお客様のご自宅近くまで出張いたします。 もちろん相談後にお断りいただくことも可能です。
どんなことでもお気軽にご相談ください。

お忙しい方にはメール相談も可能 メール相談

お時間をとるのが難しい方には、メールでもご相談に乗ります。 ご希望条件をお伺いし、メールや郵送で、お客様にぴったりの建築会社・工務店をご紹介いたします。 お気軽にご連絡ください。

個別相談ボタン
資料請求する
お電話でもお気軽に相談できます 0120-037-557
たいせつにします プライバシー

Copyright 2015 codatte All rights reserved.